通販を利用するデメリットも

実物の確認ができない

通販を利用するときの大きなデメリットとして、実物の確認ができない点が挙げられます。
商品選びがしやすいように写真が掲載されていますが、自分のイメージと異なる場合も少なくありませんね。

オリジナルパーカーを制作する場合にも言えることです。
やはり、実物が目の前にないため、パーカーの素材を確かめることができません。
サイズ表は参考になりますが、微妙なときは迷うのではないでしょうか。
もちろん、パーカーは大きめのほうが役立つことが多いですが、思ったよりも小さいこともあるでしょう。

パーカーの素材だけでなく、選んだデザインや加工方法に満足できない場合もでてきます。
オリジナルパーカーづくりに関する疑問点は、電話やメールなどで業者と相談する方法があります。
それでも、意思疎通が難しいことも知っておきたいですね。

基本的に返品はできない

オリジナルパーカーには、既製品にはない大きな魅力があります。
世界で一つだけのパーカーをつくると愛着がわくほか、なんらかのイベント時にもらうと記念としても残りますよね。

そのためには、素材やデザイン選びなどは慎重に行いたいものです。
パーカーのサイズ選びも例外ではありません。
業者との契約が成立したら「引き返せない」との覚悟が必要になります。

このような理由から、オリジナルパーカーをつくるときは慎重に検討しましょう。
縫製などに不具合がある場合はともかく、こちらの都合で返品はできません。
もちろん、どのような商品を購入する場合でも、そういった問題はでてきます。
しかし、オリジナルグッズの場合は、より条件が厳しくなることを認識しておきたいですね。


この記事をシェアする
TOPへ